2015年06月

「改」をもらうには必須アイテム!6ミリ厚、65幅のビームを90度に曲げて不要部分を切り落とし、ワイヤーの通し口を加工する。支柱を溶接し、船側フレームに溶接し完了。バイク側のワイヤーは他車のものを流用し、ムリムリ付けるのでワイアーの経路はかなりマニアッ ...

って○○○じゃないよ~・・・・・まだやる事はイッパイあるけど押してみると意外に軽く動くね~ ...

プロアーム用ショックの取り付けには車体フレームに溶接を施さなくてはならず室内では溶接したくないので一気に作業を終えたいと思い、ず~っと仮の取り付けのままで作業して来たが、ココに来て後半を迎え本設とする事にした。最初から設計された訳では無いのでマニアッ ...

だいたいコンナカナ~・・・・・・って具合で進めてきたプロジェクトだが本決めで溶接しなければならない所が出て来たので一旦小休止してジオメトリを確認してみた。歪んだ状態で作られていた側車のフレームが規定内に収まっているかの確認なのだ。今回の確認はリード量 ...

バイクと側車を接続するのだが、後から切り離せるようにボルトで接合する。フランジ作成には9ミリの帯鋼から切り出して穴あけするのだが・・・・・・・今まではこの手の作業、別々に罫書いて穴開けてたが必ず0.何ミリかずれてヤスリで修正していた。今回は9ミリも板 ...

↑このページのトップヘ