2019年03月

吸排気ともEXのバルブが入っていたがこのまま閉じてはお粗末なので交換したく物色していたら良さそうな中古が手に入いり、正常な状態にした。EXの傘径が29ミリ、INが31ミリと大した違いが無いけれどバルブシートに深く沈み込みカーボンを噛み込みやすいので交換したかったの ...

エアークリーナを外した時点で難物とは判っていたが、開けてなおビックリ!燃料ポンプがこの機種は付いているのでそれ程キャブに燃料は落ちないはずだが放置して10年以上との事なのでやはり燃料が回り込みオーバーフローを起こしそれでベトベトに なりあらゆるものが固着して ...

前回、外してあったヘッドからバルブを抜き取りお掃除を開始!驚くほどのカーボンは付いていないので楽勝だ!バルブを抜いて~・・・・・・・ドリルに銜えて回転させカーボンをスクレーパーでそぎ落とす。ヘッドはガスケットリムーバを吹き付けてブラシで擦るとこの通り。カ ...

お頭は開けたので次は腹だ!開けられるのを嫌がって開腹に手間取ったがやっと開きコンロッド大端部のボルトが外れた。ピストンは上に抜かないとクランクも外れない。中のスラッジはそれ程でもなくオイル管理が良かったのかな~・・・と言うよりも運転時間が短いのかも・・・ ...

殆どのメーカーの構造は同じなのでサービスマニュアルが無くてもネジの締め付けトルクなど一つが判れば問題なく直せる。今回のエンジンと同年代の多くメーカーはシリンダーがクランクケースと一体になっており必ずクランクケースを割らないと修理できない。コストダウンのた ...

↑このページのトップヘ