2019年06月

どこかで昔聞いたようなセリフ・・・・・・・・・・だね~・・・以前分解したとき状態は判ってましたが、問題なく使えるので取り換えずに閉めてましたが、やはり譲るとなると気になり開けたついでに交換します。ストックが有りませんでしたのでまた例のオークションで買い求 ...

CB72の兄弟モデルとしてCL72が存在します。エンジンの形が同じでセルが無いだけ・・・・・・・・って思ってCB系のパーツをCL系に使うといろいろと悩まされます。CLユーザーがクランクのベアリングが逝ってしまったので同じ仲間のCB系のを使うとここに落とし穴が・・・・・・ ...

クラッチも良いとこどりしてあります。この車両の生産年度は何時の物か判りませんが、外観からしますと中期以降の製品です。初期のころはフリクションディスクが6枚、中期以降は5枚となりプレッシャープレートにもオイル抜きの穴が省略されてます。フリクションディスクの ...

お頭周りをリフレッシュします。幸いカーボンの蓄積も少なく落としてバルブはすり合わせを行いました。間違えないように荷札を取り付けておきます。バルブの取付は何処でも一緒なので写真は割愛しますね~。ところでこのカム周りは造りがマニアックなんですよね~ホンダ創始 ...

腹黒だったロアーケースも洗浄が終わり組み立てです。クランクとミッションギア関係をアッパーケースに載せオイルシールを新調し、液体パッキンを塗って閉じると完成です。もちろんネジ類はトルクレンチで規定内に収めます。オイルポンプを取り付けてネジを閉めてゆくとトル ...

↑このページのトップヘ