前回までに大方の完成をみていたが、ブラケットの強度不足とか防錆していない部品もあったのでそれらを始末した。

ローラーのシャフトは溶接で切った貼ったをしたので醜く、また削ったままの状態だったのでメッキに出してみた。

それほど加工費が高くないのとダストシールのリップ部に接触する部分があるが強度的にも大丈夫との事だったので無電解ニッケルメッキをしてもらった。









2c4bb130.jpg


これがプロとアマの違い!











1cb1950e.jpg


8294c393.jpg


このユニットは室内用なので防滴仕様にするため特殊塗料でコーティングして完成・・・・・・








動くのは動くけどローラーがスリップするんだよね~・・・・・・・・

ちょっとイマイチなのだ

取りあえずVer1・・・・・

対策は・・・・・って事だがすでにVer2の構想は完了して材料を物色中なのだ!