写真は無いけど今月の半ば親父に引き続いてお袋が脳幹出血で呆気なく他界・・・・・・・・
 
何やかやと忙しない三週間だったが暮れの挨拶の発送もしなくてはと言う事でこの辺では世間に知られた名物がないが取りあえず名物と言われている栗の加工で名の知れたお店に出向いた。
 
店には当然売り物の栗加工品が展示されている。
 
その中で異彩を放つ陶器類が展示されていた。
 
虹色に輝く表面・・・・・・・・・・・何か真空蒸着の様な雰囲気。
 
よく有るゴーグルのミラーと思えばイイかな・・・・・・
 
聞くとある陶芸家の名前が出て来た。
 
それって私の中学時代、美術の恩師の名ではないか!
 
話がはずみ現在は私が住んでいる所に凄いものを造っているって事を聞き帰り道寄ってみた!
 
でも飯でも食いに行ったか不在。
 
改めて午後伺った所、ウ~ム・・・・・・・Back to the futureに出てくるあの博士の工房かなって言う世界!
 
旋盤、フライス、TIG、アーク、プラズマ、ユンボ、ユニック・・・・・・・・・・・・
 
色んな機械が所狭しに・・・・・・・・・・・
 
でも精度は別ね・・・・・・・・・寿命を終えたモノが殆どで取りあえず動くって程度。
 
話の内容も科学的な内容で陶芸とは程遠い。
 
好きな事をやっていて世間とは離れているって・・・・・では仙人ねって言ったら笑っていたけど・・・・・・・・
 
50年ぶりぐらいかな・・・・・・未だに当時の変人ぶりは変わらず!
 
時間もあっという間に過ぎ、次回また伺うって事で帰って来た。
 
と言う彼はこんな人よ!