楽勝かなと思っていたが、またもや別問題が出て来た。
 
仮組しながら細部をみると・・・・・・・・ありました・・・・・・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
7a096a64.jpg

 
48b69c49.jpg

 
ご覧のとおりディスクを止めているネジの頭がじゃましてる。
 
 
 
 
 
 
 
 
e0822194.jpg

 
6087ae56.jpg

 
今回のホイールはVFR800用の純正、ハブはVFR750。
 
互換性が無い模様だ。PCDは合っていても裏側にFFR750はこのボルトの逃げ加工が施されているのだと思われる。
 
 
 
 
 
 
 
 
eec03e63.jpg

 
5e150871.jpg

 
ちなみにVFR750純正のボルトを宛がっても出っぱっているし、PLだと使い方はこの逆でナットがホイール側に来る。
 
ナットの厚さは8mm、逃げ加工無では収まらない。
 
さて方法はどうしようか・・・・・・・・・
 
ボルトの頭を削ると残るフランジの厚さは2ミリ、強度的にイマイチ加工しがたい。
 
ホール側を加工すれば・・・・・・って意見も当然出ると思うけど加工しちゃうとホイールの価値はゼロになってしまう。
 
あとあと考えるとホイール加工は止めたいね~・・・・・・・・