移植にはドナーが必要・・・・・
















で・・・・・・・・・・、20年ぐらい前に揃えて於いたものから外すことに・・・


臓器移植になるけど人ではなくこの書庫の車両の話で~す!

先人が試行錯誤で探し当てた情報を基に私も久しぶりにやる気が湧いてきたので・・・

この前、CB93のエンジンレストアを始めた記事を掲載したが、丁度ケースが割れていて中身が無い状態なので移植が出来るか検証してみたくなったのだ











1f345710.jpg


ドナーとなるのは排気量が50CCばかり大きいこの車両のエンジン!










3be79c8a.jpg


汚いね~

K3? いくつかな~

まぁいくつでも構わないけど移植できれば・・・・・・・・










c66c4e1d.jpg


カバーをはぎ取ると・・・・・遠心式のストレーナカップが付いていない!

オイルポンプのロックワッシャーも起こされている・・・・・

ここは以前に開けられているらしい

相変わらず古いエンジンは汚いな~・・・・・









58788910.jpg


3fde9a37.jpg


234cf7fd.jpg


今回必要とするこの部分は手つかずで一安心した











7f4fa430.jpg


必要な部位をこれから移植するのだがケースは洗ったばかりなので汚いのを入れるには行かないのでざっと洗って入れてみた










d0fbac79.jpg


先人が言ってた通りすんなりとギア関係は移植できるが、シフトドラム関係はこの様に形状が異なるのでそのままでは移植できない

ベアリングが入る部分の加工次第で費用は極端に変わってくる

また加工精度も併せて・・・・・・

今回はここの部分に手間はかかるがローコストでやる方法をこの時思いつき、それができるか検証してみたのだ!

思いついた方法で取り合えずドラムを加工して入れてみるとナントカ行けそうだ!






今回のエンジンはそのままノーマルで仕上げるが、次回はこのスペシャル仕様で組み立ててみたいと思う