錆びていたシリンダー!
 
バルブの当たり面は?
 
それとナゼ4番だけが錆びたのか・・・・・・・・・・・・・・
 
面倒臭いが先に立ち、バルブを外すまで何日か。
 
組んでから後悔するのもいやなのでバラしてみた。
 
 
 
 
a7f96ec1.jpg

 
020b9a58.jpg

 
c36e71dc.jpg

 
d63d2baa.jpg

 
全てのEX側はカーボン咬み込み!
 
4番は特に錆の痕が裏まで。
 
多分吹き込んだCRCに錆が溶け込み排出された痕だろう。
 
4番のEX片側だけまずカーボンを落としてみた。
 
バルブ自体は何ら問題は無かった。
 
INは全て問題なし。
 
バルブへのカーボン咬み込みを推測してみる。
 
暫く乗らずに置いてガソリンが腐ったにも関わらずムリにエンジンを掛けそのガソリンを燃やしたのだろう。
 
残留重質油分の燃焼→カーボン発生→バルブに付着→気密性の減少→不完全燃焼→更なるカーボンの発生と悪循環が続きそのまま停止、倉庫行き、バルブが密閉しない状態で長期保存→錆び発生となったのかも知れない。
 
さて全てのバルブが外れたのでこれからカーボン落としを始めることにする。