0898384a.jpg

b720a4f1.jpg

f5a01679.jpg

CBXの修理も終わり奥に入れておいた500を元の位置に。
一ヶ月ぶりにエンジンを始動。
掛からない!
プラグには火がある。
燃料が降りていないようだ。ストレーナのカップを外してみた。
何やら黒い細かい破片が沢山・・・・・・・・・・・・・・・
どうもタンクの内側にへばり付いていたガソリンのミイラらしい。
キャブに降りるとオーバーフローを起こし厄介だ。
キャブを外して中身を点検。
幸いキャブまで来ていない様だ。
小型のストレーナを途中に取り付ける。
ちょっと左側は取り回しが厄介!
何とかホースで逃げたがこれだとホースの弛みにゴミが溜まる。
良い方法が思いつかないので取り敢えずこれで妥協。